スポンサーサイト

0
    • 2012.08.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    凄く簡単なステージ紹介

    0
      Stage 1 ルシールの洗礼

      ピックは父を探しに塔を上る。
      はじまりを感じさせる音楽。



      Stage 2 黒のセウダ、白のアビャード

      とても高い所にやってきた。
      しかしまだここはセウダとアビャードの入り口のある場所にすぎない。
      とてもポップな音楽。



      Stage 3 雨と雪

      今まで来た事の無い場所まで来た。
      雨と雪が降るおかしなところ。
      とてもしっとりとした音楽。



      Stage 4 全てを拒む場所

      ここはもう、立ち入ってはならない所。
      きっとかっこいい8bit風音楽。



      Stage 5 伝説の地 クルナ

      伝説の地、クルナへとやってきた。
      まだピックの父は見つからないのだろうか。
      オリエンタルっぽい音楽。



      そして・・・


      ストーリー

      0
        ここは、ある閉じられた世界。
        世界の中心に聳え立つ、ジェンナの塔があり、
        ジェンナの塔には、
        黒のセウダ、白のアビャードという、
        二つの種族があった。

        神より大地を見守るように定められた
        この二つの種族は、互いに監視し、
        そして大地の民を見守っていた。

        種族同士の交流は基本的に禁止されており、
        セウダのピック、アビャードのルーリィは
        その禁を破り、大地で逢瀬を重ねていた。

        ある日、ピックは声を感じた。
        その声は五年前に失踪したピックの父、
        ショルティのものだった。
        苦悶に満ちた声で、
        時折ピックの名を呟いていた。

        「ジェンナの塔の…一番上…」
        ピックはそう呟くと、
        ジェンナの塔の禁断の地、
        遙か遠い、高い高い処を目指し、
        塔へと向かった。
        ルーリィはピックの危険を感じ、
        すぐに後を追う。

        その時だった。
        大地の民の侵入を防ぐための
        防御システム「ルシール」が、
        なぜか二つの種族をも拒みはじめる。

        ピックとルーリィは「ルシール」をかわし、
        ショルティのもとへたどり着けるのだろうか。



        と書いておいてアレですが、このゲームは昔のシューティングゲームよろしく
        ゲーム中にシナリオが展開したりはしないので安心して戦い、そしてぬがよい

        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        PR
        時計
        selected entries
        categories
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM